Just Right Customer Solution | English
沿革

設立から現在までの主な出来事を掲載しています。

 

1948年 合資会社 日本無線電機サービス社設立。  伊崎工場完成。
1957年 東京営業所開設
1962年 旧本社ビル完成。
1963年 株式会社に改組し、株式会社 日本無線電機サービス社
1968年 第1 北工場完成。
エンジンモニタ開発。
1973年 第1南工場完成。新型発電機コントローラ開発。
1976年 CRT表示式エンジンモニタ”SMS-2″開発。
1977年 エンジニアリングビル完成。発電機コントローラ”JACOM-2000″開発。
1981年 豊浦製作所第1期工事完成。 東京営業所ビル完成。
LNG船に配電盤・始動器盤・制御監視機器納入。
1982年 テクニカルセンタービル完成。
1984年 販売会社 株式会社ジェー・アール・シー・エス設立。
アラーム&モニタリングシステム”SMS-11″(SEA ACE)開発。
1985年 豊浦製作所第2期工事完成。多機能グラフィックターミナル開発。
16ビット発電機コントローラ”JACOM-21″開発
1989年 32ビット総合監視制御システム開発。
1992年 世界初カラー液晶エンジンアラーム&モニタリングシステム”SMS-22″開発。
1995年 英国に連絡事務所(OVERSEAS LIAISON OFFICE)開設
1996年 32ビットエンジンアラーム&モニタリング・コントロールシステム”SMS-32″ 開発。
1998年 ISO9001取得。
2001年 大口径LCDを採用したインテグレーテッドオートメーションシステム(IAS)”SMS-32-K”を開発。
2002年 先進技術を結集した高圧配電盤JSB2を開発。
シングルソースサプライヤーとして世界初大型LNG船へ電装品を納入。
完全分散処理型新型発電機コントローラ”JACOM-22″協同開発。
2004年 環境規制に適合するコールドアイロンシステムを開発。
2005年 英語社名を”JRCS MFG. CO., LTD.”へ、ロゴマークを(株)ジェー・アール・シー・エスと統一
小型配電盤(JSB-2L)・始動器盤(JGP-21)及びユニット(NSU)開発。
2006年 Operationally Advanced Super Integrated System(OASIS)開発。
2007年 オランダ現地法人設立。
東京支社を新橋へ移転。
2008年 豊浦製作所内に託児所オープン。
「元気なモノ作り中小企業300社2008年版」に選定。
2009年 シンガポール現地法人設立。
2011年 株式会社日本無線電機サービス社と株式会社ジェー・アール・シー・エスが合併し、JRCS株式会社に商号変更。
中国現地法人設立。
2012年 船内無線LANシステム「J-S/Net」リリース
株式会社石川鉄工所、株式会社北九州電機製作所の2社JRCSグループに参入
2013年 SMS-55開発。
オーストラリア現地法人設立
省エネ装置「J-S/Eco」リリース
2014年 東京支社を、東京本社に昇格。下関・東京の二本社制へ移行
オーストラリアのパースに日本料理レストラン「EDOSEI」オープン
2016年 火災警報装置「J-S/Eye」、蓄電池劣化判定装置「J-S/Lif」リリース
12kV船用高圧配電盤「JSB-5」開発
STCW条約に準拠した高圧配電盤トレーニング、高圧配電盤「JSB-2」
シミュレータが国内で初めて日本海事協会(NK)の認証を取得
「日本創生のための将来世代応援知事同盟」による「将来世代応援企業賞」受賞
東京本社を現住所へ移転
2017年 STCW条約に準拠した低圧配電盤、始動器盤、監視盤トレーニングが国内で初めて日本海事協会(NK)の認証を取得
水産大学校と共同開発した「水混合燃料生成装置」リリース
「LED式航海灯表示盤」(AC版)リリース
オランダ現地法人をアムステルダムへ移転
株式会社 倉元製作所(宮城県栗原市)が保有するセンサ事業・圧電事業を譲受
新たな国内拠点として花泉事業所(岩手県一関市)を開設
STCW条約に準拠した高圧配電盤トレーニング(マネジメントコース)が日本海事協会(NK)の認証を取得
「副業」を認める制度がスタート
デンマーク製寝具の輸入・販売を行うNordic Sleep Japan株式会社設立
JRCS FOOD&BEVERAGE株式会社設立、東京にオーストラリアン ワインダイニング「64 Barrack st.」をオープン
経済産業省「地域未来牽引企業」に選定
言語: