Just Right Customer Solution | English
「社員の声援を力に」JRCS社員が下関海響マラソン5位入賞!

 11月5日(日)、「下関海響マラソン2017」(主催:下関海響マラソン実行委員会)が開催されました。第10回の記念大会となった今大会に、JRCSの保井選手が出場。過去最多の約13000人が快走を見せる中、マラソン部門において2時間31分6秒(前回:2時間34分13秒)を記録し、見事5位入賞を果たしました。
 
【保井選手・一問一答】

― 仕事と練習をどう両立させた?
「私のチームでは、機械の稼働率向上を目的に時差出勤を行っています。私は遅出勤務ですので、平日は子どもたちを学校・保育園に連れて行った後、10~15キロのJog、土日どちらかはインターバルトレーニングや速いペースで走るポイント練習をしてきました」
 
― 今回のレースで見えた課題は?
「30~40キロあたりからのペースダウンです」
 
― 応援に駆けつけた社員の声援は聞こえた?
「声援に気付きました。家族をはじめ、休日にもかかわらず朝早い時間帯から、多くの方々が応援に来てくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。また、大会に参加されていた社員の方からもたくさん応援していただき、力をもらうことができました」
 
― 下関海響マラソンとは?
「原点です。走ることをやめていたときに、下関でマラソンの大会があることで出てみようと思ったのが、再び走り出したきっかけです」
 
― 次なる目標は?
「防府読売マラソンで、自己ベストの2時間27分を切ることです」
 

 
 

言語: