Just Right Customer Solution | English
「第20回 関西 機械要素技術展」出展のお知らせ 産業機械の音を可視化する「聴音装置」(特許出願中)を提案

2017年10月2日
 
 JRCS株式会社(山口県下関市、社長:近藤髙一郎)は、10月4日(水)~6日(金)、インテックス大阪にて開催される「第20回 関西 機械要素技術展」に、産業機械向け聴音装置を出展します。
 工場の機械・機器の日常点検は、一般的に、映像や振動、温度・圧力の監視により行われています。異常状態を、早期に発見するためには、機械が発する“音”を情報として活用することが求められています。しかし、音は人によって聴こえ方が異なるため、極めて主観的な情報であり、客観的に判断することが困難とされてきました。
 当社が開発した聴音装置は、タブレットやスマートフォン等の情報端末と接続することで、機械が発する音を可視化して表示し、収録・再生・解析するツールです。産業機械の日常点検に導入することで、オペレーター個人の経験値と主観に頼る状態監視ではなく、客観的な情報による監視・診断が可能になります。
 本展では、聴音装置の実機を展示し、デモンストレーションも行います。
 

東京会場(2017年6月)のブース


 
「第20回 関西 機械要素技術展」について
機械要素や金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展で、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーが多数来場し、出展企業との商談を行います。
http://www.mtech-kansai.jp/
会期:2017年10月4日(水)~6日(金)
会場:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
 
 
本件に関するお問い合わせ先
JRCS株式会社
パブリックリレーションズチーム
TEL 083-250-6105
pr@jrcs.co.jp
www.jrcs.co.jp
 
言語: