経営理念

笑顔こそがJRCSの商品です。

1948年、JRCSはわずか数人で出発しました。後発メーカーとして、私たちは常に挑戦者でした。
どうすればオンリーワンの製品を生み出せるのか。お客様に喜んでいただけるのか。熱い議論を交わしたこともありました。
あの頃、社員はみんな、同じ目標に向かって突き進む「同士」でした。
創業者の近藤髙清はこんな言葉を遺しています。私たちは運命共同体である、と。

歴史を重ねる中で、社員の増加に伴い、いつの間にか築いてしまった縦割り組織。
製品に対する評価が高まるにつれ、変化を恐れ、失ったチャレンジ精神。

時代は刻々と移ろいます。現代では想像もできない世界が、未来には広がっています。
いま当たり前の製品が、未来では求められないかもしれない。お客様には物足りないかもしれません。

私たちは、もう一度、創業の原点に立ち返ります。
夢を描き、常識を超え、求められる一歩先を考えます。
どのような時代においても、「海上物流を絶対に止めない」というミッションを達成し、
世の中を便利にして、人々を笑顔にすることが、JRCSの存在意義です。

JRCSの理念体系

経営理念

当社の存在意義

常に市場を創造し、世界最高品質の商品とサービスをお客様に提供し、海上物流の円滑化を通じて世の中の人たちを笑顔にする

経営基本方針
  • お客様が求めているものは何かを常に探求し、それを商品やサービスとして具現化し、お客様に提供する。
  • 社員とその家族を守るという会社の使命に照らし、社内の安全・安心の確保を最優先とする。
  • 社員の相互コミュニケーションと信頼を基にして社員全員がその持てる力を十二分に発揮できる明朗闊達な企業風土とチームワークを保ち、商品とサービスに誇りを持ってお客様に提供する。
  • イノベーションを起こすための未来事業や新規事業においては新しいことに挑戦するマインドを示す活動と捉え積極的な投資を行う。また、そこから得られる企業イメージ、ブランドイメージなどを高める間接的な広報活動にも繋げる。
ミッション

当社が果たすべき使命

海上物流を絶対に止めないこと

ビジョン

当社の未来像

Just Right Customer Solution

JRCS行動指針