• TOP
  • ニュース
  • プレスリリース
  • 社員の約束事「傾聴力」テーマに
    公式マスコットキャラクターを制作
    ~創業70周年記念プロジェクトの一環として~

プレスリリース

社員の約束事「傾聴力」テーマに
公式マスコットキャラクターを制作
~創業70周年記念プロジェクトの一環として~

 JRCS株式会社(山口県下関市東大和町1-2-14、代表取締役社長:近藤髙一郎)は、創業70周年を記念し、オリジナルの公式マスコットキャラクターを制作しました。

 コンセプトは「傾聴力」。JRCSの社員は、目指す姿「Just Right Customer Solution」の実現のため、「仲間の意見や考え、その背景に耳を傾け、チームの和を高めよう」という約束をしています。マスコットキャラクターを制作することで、社員がいつも「傾聴力」を意識し、社内外の多種多様な意見を積極的に取り入れられる企業風土をつくっていきたいと思います。

 デザインの原案を社内で募集したところ、個人だけでなく、グループやご家族からも応募があり、45もの力作が集まりました。社員全員で投票を行い、票が多く集まった上位5作品について、「コンセプトが表現されているか」、「オリジナリティーがあるか」といった観点から、厳正に最終審査を実施。マスコットキャラクターの原案として採用するグランプリ作品が決定しました。

 見事グランプリに選ばれたのは、生産部の社員が描いたフクロウのキャラクター「キクホ」です。
 そして、山口県の観光宣伝部長「ちょるる」の生みの親でもある、県内屈指のグラフィックデザイナー・福永みつお氏に、マスコットキャラクターの制作を依頼。原案にさまざまな要素を組み合わせ、可愛らしく仕上げていただきました。

 今後は「キクホ」のぬいぐるみなど、グッズ展開も検討していきます。社員が傾聴力を発揮する様子を、社員のそばで優しく見守ってくれるものと期待しています。

マスコットキャラクター「キクホ」

お問い合わせ先

JRCS株式会社 広報

083-250-6105

受付時間:08時30分~17時30分(平日のみ)