• TOP
  • プレスリリース
  • デジタル製品infoceanusシリーズのアップデート情報 assist/command/connectの機能拡張で利便性が向上

プレスリリース

デジタル製品infoceanusシリーズのアップデート情報
assist/command/connectの機能拡張で利便性が向上

 JRCS株式会社(山口県下関市東大和町1-2-14、代表取締役会長兼社長 近藤 髙一郎)は、船舶のポテンシャルを最大化し、海洋に関わるすべての人々を全方位からサポートするソリューションとして、infoceanusシリーズ「assist」「command」「connect」を提供しています。
 そして、2021年10月14日より各製品の新機能をリリースし、infoceanusシリーズは皆さまに新たな価値を提供します。

〈assistのアップデート概要〉
検索機能の拡張により、必要な情報を素早く正確に提供します。

 assistは、現場の最前線で活躍する船員の負担を軽減するメンテナンスソリューションです。写真、画像などの視覚的情報を用いたトラブルレポート、トラブルシューティングの一元管理や陸上の管理者との情報共有など、ユーザーのフィードバックを基に、より実用的な機能を揃えたサービスとして提供しています。
 そしてこの度、大量の文書データから任意のキーワードやフレーズで全文検索を行うことができる検索エンジンを実装し、検索結果を正確に絞り込むことができるようになりました。これにより、作業効率をさらに向上させ、トラブル対応やメンテナンスに活躍するツールとして、日々の業務負担を軽減します。

assistのアップデート概要

 

〈commandのアップデート概要〉
電子海図(ENC)と各種情報の重畳およびトラッキング機能の利用が可能になりました。

 commandは、JRCSが独自開発したコンピュータービジョン(AIによる画像認識)技術を活用し、AIS(船舶自動識別装置)を搭載していない船舶やブイ、漂流物などを検出し、船舶の安全運航を支援するツールです。
 そしてこの度、電子海図(ENC)の利用が可能になりました。海図の表示内容(レイヤー)は使用目的に合わせて表示/非表示を選択することができます。シンプルな海図表示から、各種情報を重畳した表示まで自由に設定できます。
 また、電子海図の閲覧・操作ができるだけでなく、AIS情報を基に、ユーザーが選択した船舶の接近を画面表示と通知音でお知らせする“AISトラッキング機能”を追加しました。

commandのアップデート概要

 

〈connectのアップデート概要〉
船舶の状況をタイムリーに把握し、陸上からの効果的なアドバイスにつなげます。

 connectは、運航管理者が管理船の位置情報や運航状況、機関状態をリアルタイムで確認できるダッシュボード機能を設けています。
 そしてこの度、船内の機関監視装置で管理されているアラームの情報や発生したトラブル(火災やエンジントラブル、絶縁低下など)の情報を陸上からも把握することができる機能を追加しました。これまで本船で実施していたデータ収集・報告・経過観察の作業を、これからは運航管理者がクラウド上で実施することにより、トラブル発生時の迅速な対応が可能になります。

connectのアップデート概要

 

〈JRCS株式会社について〉

 私たちJRCSは、世界中の皆さまを笑顔にするためには今何をすべきか?を常に考えて行動することを企業ミッションとしています。
 船内で働く方々をはじめ、海上物流に関わるパートナー様やすべてのお客様からのフィードバックを新たな機能として製品に取り入れ、サービスを通じて新たな体験価値を提供しています。
 人々の暮らしを支えている海上物流、そこで働く人たちをデジタル技術で支え、笑顔になってもらいたい。大切な人との大切な時間をしっかりと創ってもらいたい。それが私たちJRCSの願いです。

infoceanusシリーズの製品紹介およびデモのお申し込みは下記webサイトを参照ください。
https://infoceanus.com

 

【お問い合わせ先】

JRCS株式会社
Digital Innovation LAB 坪上みちる
TEL::083-261-0212 
受付時間:8時30分~17時30分(平日のみ)
Email:tsuboue_m@jrcs.co.jp

お問い合わせ先