集合始動器盤 (Group Starter Panel)

商品説明

集合始動器盤(Group Starter Panel, GSP)JGP-21は、船舶に特有の制御シーケンスをCPU化したNSUを標準搭載し、コンパクトな操作パネルにモーターの制御と状態表示を集約化しており、また業界最小クラスのサイズを実現しつつ、操作性・メンテナンス性を維持した高性能モデルです。

遮断器と過負荷保護が一体となったMMS(Manual Motor Starter)を採用し、回路の簡素化と遮断性能を大幅に改善し、信頼性が向上しました。MMSは、AC450V 37kWのモーターまで対応することが可能です。(遮断性能:AC450V 35kA)

高性能NSUとMMSを採用することで、世界最小クラスである300mm幅のユニット標準寸法へサイズダウンしました。

高い保守性と作業性はそのままで、船内の限られたスペースを有効に活用することが可能です。

プロジェクト・開発経緯

船舶のカーゴスペース・居住スペースの確保に伴う、機関制御室の小型化に伴い、搭載機器の更なる小型化のご要望に応えるべく、集合始動器盤・始動器盤 JGP-21には、高性能CPU制御シーケンスを組み込んだ、NSUユニットを標準搭載しました。また小型化に伴う操作性・メンテナンス性のダウングレードは一切なく、船内機関室の高温・多湿・強振動など、劣悪な環境での使用を徹底的に研究した、船舶専門メーカーであるJRCSが自信を持ってリリースするモデルです。

カタログ 製品へのお問い合わせ