• TOP
  • ニュース
  • トピックス
  • 当社社員が女子学生向けオンラインセミナーに登壇! 「キャリアは自分がつくるもの」と熱いエールを送りました

トピックス

当社社員が女子学生向けオンラインセミナーに登壇! 「キャリアは自分がつくるもの」と熱いエールを送りました

 山口県内の女子大学生を対象に「夢を実現するライフ・キャリアプラン作成セミナー」がオンラインで開催され、当社社員がゲストスピーカーとして登壇しました。

 同セミナーは、これから社会に出る学生たちに、自身のライフプラン作成に役立ててもらおうと、山口県が企画・主催したもの。県内企業で働く3人の先輩女性が招かれ、それぞれのライフプランや体験談をお話しました。

 当社から参加したのは、営業部門で活躍する女性です。新卒で入社して以降、一般職として営業担当のサポートを務めてきましたが、成長した我が子が夢を追いかける姿を間近で見ているうちに、自らの将来について考えるようになりました。そして、ふと世の中を見渡すと、同年代の女性たちは年齢とともに着実にキャリアを重ね、キラキラと輝いているように見えたと言います。
 「私も成長したい」、「同じところに留まっていてはいけない」と、ダイバーシティ推進のための社内制度、昇格資格試験やコース転換試験に次々と挑戦。見事合格し、サポート業務ではなく、自らが営業担当として会社の最前線に立ち、お客様との商談や課題解決にあたるポジションをつかみ取りました。さらに、転勤の打診をされた際には迷うことなく受け入れ、現在は東京本社にて新しい人脈や初めての仕事を開拓していく、刺激の多い毎日を送っています。

 この日のオンラインセミナーでは、未来ある学生の皆さんに向けて、次のようにエールを送りました。

「キャリアは自分がつくるものです。会社は制度を整えてくれるし、上司はサポートしてくれます。でも、自分自身が気付いて行動しないとキャリアアップはできません。私は社会に出て、20年経ってようやく気付いて、悩みながらここまで来ました。皆さんのような若さで将来と向き合う機会をもつのは素晴らしいことです。女性は結婚や出産といったイベントにどうしても大きく影響され、立ち止まることだってあります。どうか、そのときは目線を少し先に向け、『自分はどうしたいのか』と問いかけてみてほしい。進もうという気持ちさえあれば、道は拓けていくものだと思っています」

 コロナ禍の中で学生生活を送ること、そして社会に出る不安は計り知れないものがあります。当社社員がセミナーでお伝えしたメッセージが、ほんの少しでも学生の皆さんの心に灯をともし、前進するための糧になることを願っています。

オンラインで東京本社から参加しました。「“自分の枠”を超えたい」と、さらなるキャリアアップに向けて挑戦中です。

オンラインで東京本社から参加しました。「“自分の枠”を超えたい」と、さらなるキャリアアップに向けて挑戦中です。

セミナーには、挑戦を後押しした当時の上司も登場し、上司としての想いや葛藤を率直に語りました。「JRCSには女性を応援するカルチャーがあるので、これからもどんどん新しいキャリアを積んでいってほしいです」

セミナーには、挑戦を後押しした当時の上司も登場し、上司としての想いや葛藤を率直に語りました。「JRCSには女性を応援するカルチャーがあるので、これからもどんどん新しいキャリアを積んでいってほしいです」