• TOP
  • トピックス
  • 新入社員が「プログラミング」の基礎を学ぶ研修を実施

トピックス

新入社員が「プログラミング」の基礎を学ぶ研修を実施

 JRCSは9月まで、この春仲間入りした新入社員を対象に、配属前研修を行っています。

 この日のテーマは「デジタル」です。当社は、デジタルを活用したイノベーションやカルチャーチェンジに取り組んできましたが、いまは事業の成果に結びつけていくフェーズへの過渡期。若い世代には大いに期待したいところです。しかし、「プライベートではデジタル機器に慣れているものの、実際のプログラミングとなるとちょっと……」と、不安げな本音がちらほら。そこで、人事総務課が企画したのが今回の研修です。プログラミング学習用教材ロボットを使ってプログラミングの基礎を学び、どんなことができるのかを体験してもらうことになりました。

 研修ではチームに分かれ、ライントレースロボットを制御するプログラムを作成しました。プログラミング教育が小学校の必修科目となったのはつい最近のこと。ほとんどの新入社員が初心者です。テキストを見ながら、自分たちなりに考えては試し、考えては試し……。次第に議論は熱を帯びていきます。「おぉ~、動いた!」と歓声を上げるチーム、「なぜだ~」と頭を抱えるチームが入り交じった、とても賑やかな研修になりました。

 最後には、お楽しみのライントレースのレースも。練習では順調だったチームが、タイムに気を取られるあまり、コースアウトしてしまうというオチがついて一同大爆笑。プログラミングの理解を深めるとともに、同期入社の仲間同士、楽しい思い出になったことと思います。

思うような動きにならない原因を話し合います

思うような動きにならない原因を話し合います

研修には先輩社員も交じり、交流を深めます

研修には先輩社員も交じり、交流を深めます

ライントレースのレースに向けて練習中

ライントレースのレースに向けて練習中