• TOP
  • トピックス
  • 本田圭佑選手がJRCS協賛の社会貢献プロジェクトで「HEROs OF THE YEAR」受賞!

トピックス

本田圭佑選手がJRCS協賛の社会貢献プロジェクトで「HEROs OF THE YEAR」受賞!

 JRCSが協賛する社会貢献プロジェクト「AFRICA DREAM SOCCER TOUR」の活動が評価され、主宰者であるプロサッカー選手・本田圭佑さんが、「HEROs AWARD 2020」の最高賞「HEROs OF THE YEAR」を受賞しました。

 「AFRICA DREAM SOCCER TOUR」は、日本人コーチが東アフリカの国々をまわり、恵まれない子どもたちにサッカーのトレーニングを受ける機会を無償で提供するプロジェクトです。子どもたちに職業の選択肢を与えることを目指し、サッカー教室にとどまらず、プログラミング学習や企業・工場訪問を行っています。

 日本財団による「HEROs AWARD 2020」は、アスリートの社会貢献活動を称えるアワード。その最高賞である「HEROs OF THE YEAR」には、過去に、アフリカの人々の交流の場づくりを行っている宮本恒靖さんや、障がい者サッカーの社会的価値創造に取り組む北澤豪さんらが選ばれました。

 今年の「HEROs OF THE YEAR」に輝いた本田選手は、12月21日(月)、都内で行われた受賞式にブラジルから動画で出演し、下記のようにコメントしています。

「このプロジェクトは、現地の貧しい子どもたちが、サッカーを通じて夢を持つきっかけになればと思って始めました。寄付をしてくれている方々とともに子どもたちを育成することで、将来、サッカー選手やその他の分野で活躍する人材を輩出していきたいと思います」(一部抜粋)

 「AFRICA DREAM SOCCER TOUR」の中でJRCSが行ったスタディーツアーについてはこちらをご覧ください。当社は今後も、さまざまな企画を通じて子どもたちの夢を応援し、海洋業界の人材獲得・育成につなげていきたいと考えています。

本田選手の代理で賞を受け取ったプロジェクト責任者の二村元基さん(左は日本財団の笹川会長)

本田選手の代理で賞を受け取ったプロジェクト責任者の二村元基さん(左は日本財団の笹川会長)

本田選手はブラジルから動画で喜びと感謝のコメントを寄せました

本田選手はブラジルから動画で喜びと感謝のコメントを寄せました