• TOP
  • トピックス
  • 沖縄水産高校に実習船「海邦丸」と同等品の機関監視制御盤シミュレータを納入

トピックス

沖縄水産高校に実習船「海邦丸」と同等品の機関監視制御盤シミュレータを納入

 沖縄県立沖縄水産高校に機関監視制御盤の「シミュレータ」を納入しました。これまで同校のトレーニング施設で使われていたシミュレータが老朽化したためで、換装は15年ぶり。エンジン発電機のシミュレータとつなぎ、排ガス温度など機関の状態を監視する訓練に活用されます。

 沖縄水産高校は海洋技術科・専攻科を擁し、航海士や機関士を育成しています。このたび納入したシミュレータは、6代目実習船「海邦丸」の機関監視制御盤と同じアラーム・モニタリング&コントロールシステムを装備しています。さらに、「ダミーセンサ盤」のスイッチを操作して、エンジン以外のさまざまな付属機器が稼働している状況をつくることが可能です。2021年に完成したばかりの、最新鋭の機器を備えた海邦丸と同じ船内環境を陸上に再現し、トラブルシューティングを繰り返し学ぶことができるというわけです。

 近年、海運業界は、乗組員の高齢化による担い手不足の問題に直面しています。そんな中、沖縄水産高校で海洋技術を学んだ学生の8割以上は海運会社等に就職しているそうです。当社が製作したシミュレータが、海運の未来を担う人材の育成にお役立ていただけていること、そして業界の維持・発展に貢献できていることを、大変光栄に思っています。

 トレーニング用のシミュレータは、ご要望に応じてカスタマイズが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

機関監視制御盤のシミュレータ

機関監視制御盤のシミュレータ

ダミーセンサ盤

ダミーセンサ盤